DXソリューションDX solution

情報処理推進機構・
DX認定制度

社会保険労務士法人グッド労務は、情報処理推進機構・DX認定制度
DX認定申請取得を目標に取り組んでおります。

働き方改革への対応

現在の新型コロナウイルス感染症への対応において、一気に働き方改革が進んでいる分野があります。それは在宅でのテレワークの普及です。
zoomなどのアプリケーションを活用しての遠隔地での打ち合わせや会議も盛んに実施されています。
休業も多くの事業所で余儀なくされており、本当の意味で以前のような状況に戻ることがいつになるのか誰もわからないですね。

そこで、現在社会保険労務士法人グッド労務ではテレワークを導入する場合も含めて働き方改革のお手伝いをさせていただいています。
幸運なことに当事務所ではテレワークを導入してきましたし、各種助成金をテレワークやウェブシステムによる勤怠システムを多くの事業所に導入してきました実績があります。

そこで、働き方改革としては、時間外労働を減らすための業務改善や育児介護、病気などの両立支援などの制度設計だけでなく、IT技術を活用してテレワークも含めて、新しい時代にも適応して生き残るためのきっかけとなるようなお手伝いをさせていただけたら幸いと考えています。

DXソリューションの特徴Feature

01

スピード感のあるサポート

フットワークが軽くスピード感のあるサポート!
社会保険労務士法人グッド労務は早くからテレワークを実施し、フットワークが軽く行動力のある社労士事務所です。
また、ITソリューションを得意とし、人事労務領域のDX化においてスピード感をもったサポートをお約束いたします。

02

業務プロセスの改善提案も可能

クラウド型の人事・労務関連のソフトウェアを導入する前に、コンサルタントがクライアントの人事労務領域の業務フローを把握し課題を抽出したうえで、DX化のロードマップをご提案することが可能です。
既存の業務フローを一部変更することで業務効率を向上させ、スムーズなDX化をサポートします。

03

社労士業務のサポートも可能

顧問・給与計算・就業規則改訂など社労士業務のサポートも可能!
クラウド型人事労務ソフトウェアを導入した後には、顧問・給与計算・就業規則の改訂、社会保険事務代行サービスを提供し、業務効率化を一層高めつつ労務コンプライアンスを遵守した企業経営のご支援も可能です。

当社におけるDX戦略についてStrategy

当社は「人事労務管理という仕事を通じて地域社会の笑顔に貢献する」をモットーに、平成10年の開業以来お客様にサービスをご提供してまいりました。
社会保険労務⼠は今年で50周年の資格であり、働き方改革の関心が高まっている状況も合わせ、お客様からの期待だけでなく、ニーズも多様化が進んでおります。
ご満足いただけるサービスをご提供するため、私どもも、日々研鑽をお約束し、提供できる価値の向上を進めてまいります。

また、テレワーク導入アドバイザーとしても活動しています。
テレワークシステムを実際に当社会保険労務士事務所で導入、当初は職員の子供の病気や本人のちょっとした体調不良でも休まずに働けるシステムとして活用していたが、新型コロナウイルスの蔓延をきっかけとして基本的な働き方をテレワークに移行。
これら一連の経験と関連ネットワークを活かしてテレワークを中小零細企業に導入するお手伝いを開始。
23年にわたる社会保険労務士としての業務知識をもとにテレワークの進め方をご提案する仕事をスタートし、現在ではオンラインでのセミナーなども企画・運営。
企業でも自前で運用できるようになるまでお手伝いする事業も展開している。
テレワーク導入には政府の助成金を活用して新しい時代を生き抜くアイデアをともに考えていきます。

また、クラウドによる労務管理のシステムの選び方、システムの導入から運用の仕方などzoomを用いてアドバイスします。

DX戦略概要

全社員完全テレワークの実現
「デジタル社労士」を目指します

当社は、クラウドサービスをフル活用して全社員の完全テレワークを実現し「デジタル社労士」を目指します。
業務プロセスは、クラウド労務管理を活用して、顧客企業の勤怠管理・給与計算・社会保険手続・労務管理・人材募集採用についてテレワークで処理します。
顧客企業の内、自社で操作できる会社は自社入力を行いデータは共有、サポートが必要な企業は社会保険労務士法人グッド労務のスタッフがリモートで支援、全く操作できない企業は社会保険労務士法人グッド労務のスタッフが全て代行操作を行います。 いずれにしても全て同一のクラウドサービスを共有することができます。

情報共有システムの構築
IT経営の実践とIT利活用を促進

顧客企業の勤怠管理・給与計算・社会保険手続・労務管理・人材募集採用などのデータはWorkspaceで情報共有します。
また、企業の日報データも同じWorkspaceでデータ共有します。
また、こうした活動を通して中小企業・小規模企業のIT経営の実践とIT利活用を促進します。

人事評価・人材育成支援
クラウドサービスを開発

人事労務管理の目的は、「勤怠情報⇒業務遂行による成果や目標管理⇒人事評価⇒待遇改善⇒人材教育」のサイクルを回すことでスパイラル的に業務遂行スキルを高めて生産性を向上し企業の成長を目指すものです。
中小企業・小規模企業では、こうした仕組みがないために、生産性向上ができていません。
当社は、デジタル社労士としてDX戦略を実行することで社会保険労務士の本来の使命を果たすことを目指します。

DX推進体制

社会保険労務士法人社会保険労務士法人グッド労務代表社労士を統括責任者、DX推進プロジェクトリーダーを実務責任者とし、DX顧問にITコーディネータの水口和美氏を迎え実行体制を整え、システム開発、商品開発、サービス開発を行います。

システム環境整備体制

一つ一つのシステム構築やサービス開発案件はすべて費用対効果を基に判断し、毎年売上高の約3%をめどに予算化された費用から投資を行っていきます。

達成度を測る指標

企業収益の向上をもってDX 戦略の全社的な達成度の指標とします。
当社Webサイトにて年商を年次更新しています。
また、企業収益の向上の目標値を基準にした中期経営計画を2021年度に立案し、各部門の業務革新の計画が定されているため、役員会・幹部の定期会議のなかで進捗を管理します。
この中期経営計画は非公開ですが、社内システム構築に関しては3年以内の実現と売上高5,000万円を目標設定しています。

DX導入事例について

DXソリューションは労働基準法に特化した、痒いところに手が届くシステムで、これまで数多くの企業様の問題を解決してきました。
その中から一部ではございますが、ご紹介いたします。

お問い合わせContact

初回Zoomオンライン相談無料!
労務・人事に関わることならお気軽にご相談ください。
【受付時間】9:00~17:00 / 【定休日】土曜・日曜・祝日

Pagetop