演奏会に参加

2019年2月7日 木曜日

もう日曜日の開催だったので、あっという間に4日経ってしまい

ました。楽しい演奏会も過ぎてしまうと日常に戻るのもなかなか

大変です。働き方改革の一つの大事な要素である余暇とか休日に

ビッグイベントがあると、リバウンドというか元に戻るのに時間が

かかることが多いような気がします。思いっきり遊んだりしたら、

本当にボーっとするような1日を挟むのも大切に思います。

今回はそのボーっとする時間があまり取れなくて少し反省してい

ます。演奏会もかれこれ25年くらい続けている趣味です。最近は

いろいろな素晴らしい仲間との共演が楽しくて仕方がない感じ。

演奏者は世代を超えて!時代を超えた作品で交流するのはある意味奇跡!

終活セミナーを受講、終活というより葬儀セミナー

2019年2月7日 木曜日
終活セミナー 26日 10時より
出雲殿 刈谷
2級葬祭ディレクターさんから
エンゼルケアという言葉を初めて知った。死後処置と死化粧などらしい。
お葬式を進めるにあたっての流れを解説していただいた。まだまだ予定は
我が家には無いにしても、イメージをしてしっかりと送ってあげられたらと
思います。
枕飾りのご飯はなるべく湯気があるように。香りで頂いてもらうという意味
らしい。
家にある神棚は白い紙を貼って封印するらしい。
喪主と施主 喪主はお墓を継ぐ人らしい。お葬式の実務的な代表。
施主はお葬式での金銭的な面での代表。
納棺の時に薬剤を注入する処置もあるらしい。夏場とかだったら考えておいて
もいいかもしれない。近親者には納棺の日程を連絡するらしい。納棺後、通夜
の準備に入る。そこから初七日(ほとんど葬儀当日)の後の精進落とし、自宅
での後飾りまでに色々と手配することがありますね。プロに助けてもらうのが
通常となるのも頷けます。葬儀後の諸手続きやお礼、返礼品などもあります。
 
色々勉強になった。親の葬儀のためでなく、自分がもし今何かあったら、弔辞を
誰に頼みたいか、とか考えたり、葬儀をイメージしたら人生を逆算してどう生き
たらいいか、と考える機会となった。

Copyright(C) グッドローム. All Rights Reserved.