全豪オープン

2019年1月22日 火曜日

毎日全豪オープンですごい試合が続いています。

昨夜はギリシャのチチパスがフェデラーを破るすごい試合、

 

今夜は錦織圭のフルセットのタイブレークの5時間を超える

壮絶な試合。最後まで諦めない姿勢は見習わないといけませんね。

 

このテニスの試合、数年前から導入されているチャレンジシステム

というコンピューターによる、インかアウトかの判定を審判の判定

 

に異議がある時に1セットに3回などのルールで認めることにより

微妙な判定が試合の流れを決定的にするスポーツなので、よりフェア

 

で、観客もプレーヤーも熱中するスポーツになったと思っています。

面白さが倍くらいになったのでは、というのが個人的な意見です。

 

日本人は男女で二人ともベスト8という20年前とかでは考えられない

状況にとても嬉しい思いでWOWOWで観戦です。オンデマンドに

 

アクセスすれば出張中でも観戦できるので、とても便利ですね。映画も

結構たくさん見放題ですし。重宝しています。

 

放送大学 日本の古代中世15回

2019年1月19日 土曜日

か放送大学 近藤成一  日本の古代中世15回

京都の時代における移り変わりが少し知れて興味深い内容だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朱雀大路で右京と左京に。

大内裏 かつては建物があったが平安末期から火災などでも再建されず、

1200年代大火災から内野という荒地に。天皇の居所は里内裏(さとだいり)が代わりに使われる。北東に集中。幕末までの御所も里内裏の1つ土御門東洞院殿(右京の北東の角)。室町幕府の室町殿はそのすぐ北。

白河 嵯峨 鳥羽 などの離宮も発展。

嵯峨には渡月橋、があり近くの丸い山は亀山。2人の天皇のお墓もある。その奥は小倉山。天龍寺、臨川寺 今の嵐山の駅近く。

六波羅 平清盛一族 2000くらいの邸宅があり、とても繁栄した。

没落後没収され、頼朝に与えられる。

鴨川の東側にある。五条と六条の間。

室町殿は平安京の北 すぐそばに相国寺

室町殿付近がもっとも当時栄えた。今は同志社大が近くに。

戦国期は3万人程度の町、構に囲まれた城塞都市といった感じ。

 

織豊時代  御土居(おどい)にかこまれた町として旧二条城 は将軍義昭のために信長が作ったが関係悪化後は安土城へ信長が移築してしまった。今の二条城よりも東に少し離れた場所。

本能寺も聚楽第も御土居の中。御土居と堀で囲われている

秀吉が御土居をつくり、その中の一箇所に家来を住まわせた。

その後、江戸時代に多くが破却される。まだ、大徳寺の近くに残っている。土塁の内側を洛中,外側を洛外と呼び,要所には七口を設け,洛外との出入口としました。鞍馬口,丹波口などの地名はその名残とのこと。

 

 

iPhoneから送信
加藤たかよし

園芸について

2019年1月18日 金曜日

冬にも水やりしないといけないので、寒い中も畑に行きます。

今日は仕事帰りに水やりをしてきました。水をやったのはイチゴに

 

玉ねぎ、えんどう豆、そら豆、ニンニクなどなど。果樹にもやって

きました。スーツで立ち寄ってもOKなように歩く通路にシートを

 

敷いたりして工夫してやっています。また、今日は明日の朝のサラダ

のために抜き菜で小松菜も収穫。春になるのが楽しみです。そろそろ

 

じゃがいもの準備をしていこうと考えています。毎年少しずつ改善する

のが楽しみ。画像は夕暮れが綺麗だったので一枚パシャりと。

安城の丈山苑に

2019年1月17日 木曜日

安城の石川丈山の京都の詩仙堂を再現した丈山苑に行ってきました。

家康にも使えていた身長のとても高い190?、またとても勇猛な

武士であり漢詩の代表的な人。儒学、書道、茶道、庭園設計と

マルチな人だったようです。詩吟の富士山というとても有名な

曲は彼の作のよう。50代から詩仙堂にて30年以上住んでいた

とのこと。

 

 

 

映画鑑賞記録「喜望峰の風に乗せて」

2019年1月15日 火曜日

趣味のヨットに関連するということで、観に行ってきましたが、

大誤算。これは大自然の厳しさよりも、人間関係やマスメディア

の方が怖いという感じの映画でした。映画なので感動とかロマン

を期待して行ってしまった。でも真実なのかも、と考えさせられる

映画でもあります。絶望の果てという感じ。

映像や奥さん役の女優は美しいです。

刈谷市のおしゃれなランチ

2019年1月12日 土曜日

中小事業主が労災保険に入れる特別加入の打ち合わせで刈谷市の市役所近く

にあるドルフィンスクエアさんにてランチをしました。特にバジルの効いた

パニーニは久々のヒットというくらい美味しかったです。これからも使いたい

と思いました。

パレスチナ問題第14回

2019年1月11日 金曜日
パレスチナ問題14回 高橋和夫教授
「アメリカの中東政策」
ネタニヤフ首相がアメリカ議会で演説 イランの核開発の疑いに対して規制を強化するよう要請
共和党は起立、民主党は立たない動画が紹介された。
イランは核開発は平和利用と主張で対立していた。過激なアフマドネジャドがイラン大統領に。「ホロコーストが本当なのか」とか調査が必要と言ったことが、イスラエルと当然ぶつかった。イスラエルは核兵器を持っているのは明白。イランが持つと脅威となりバランスが崩れると懸念。2012年にはネタニヤフは国連でも同様な演説をした。「イランは9割核兵器を完成させてる」と。
このあたりで、国際的にイランへの経済制裁をかけていく。2013年からイランはローハニ大統領に。国際復帰を目指す。笑顔が多いのでロー ハニー(ハチミツ)大統領とも。イランのザリーフ外相がツイッター開始。ユダヤ人に新年の挨拶をのせた。それに煽るようにアメリカの有力な女性の娘がやりとりしたことが話題に。2015年に六カ国と合意をして、核査察をイランが受け入れた。経済制裁を解く。このときアメリカのケリー国務長官はスイスの中でサイクリングで骨折。松葉杖で合意の場へ。お骨折りで合意?ケリーさんの娘の夫はイラン系。その時、イランでは若者も町で合意に沸いた。大きな合意だったとイスラエルの識者が話していた。イスラエル人の多くはイランが核武装したらイスラエルを出ると回答したアンケートもある。
しかし、核攻撃を受けても「第二次攻撃能力」があれば恐怖の均衡があるので、なかなか暴発はない、という識者も。アメリカとソ連も潜水艦がその役割をしていた。また、合意に批判的なジャーナリストも。理由としてイランの現政権が残ること。1日に3人処刑する。ハマースやヒズボラに増大した資金がながれ、結局核開発に向かうというもの。
ある識者はイスラエルは米国依存は日本の比ではない。全ての兵器、兵隊も。アメリカの政治力も。拒否権でこれまでイスラエルに不利な案件を跳ね返してきてくれた。
オバマとネタニヤフは最悪の関係に。これまで70年両方の政党から支持されてきたが共和党のみの指示となってしまった。改善が必要との意見も。オバマとネタニヤフの仲の悪さを象徴するという画像も紹介された。
(今回の感想)
いつも高橋教授の授業はご自身によるインタビューや写真などその現場力に驚かされます。現地での情報をこのような形で教えてもらえるなんてとてもありがたいです。次は15回で最終回、見れたら良いなと思っています。

レジリエンス

2019年1月11日 金曜日

今日も放送大学を聴講しました。

東日本大震災の時から災害対策として、これまでの考え方から

レジリエンスを取り入れた発想に変えていかなければいけない

という視点や事例を学んでとても勉強になりました。バイアスの

かかった思考では大災害がおこった時に対応できないと。

本当は防災訓練をしてはいけないところで訓練してきた結果

いざという大震災の時にみんなそこへ避難してしまい、たくさん

犠牲者を出してしまった事例など、心が痛みました。

マニュアルに縛られない、五感を大切にした判断ですね。

レジリエンスとはしなやかさとも表現される概念のようで、

少し前から注目していました。

今後もこのテーマは注目していきたいと思います。

アーシング

2019年1月9日 水曜日

人生の3分の1を占める睡眠時間にこだわることも大切

だと感じています。またこのテーマについて最近いろんな

場面で聞いたり、目にする機会も多いような気がしています。

本屋さんにいけば睡眠に関するコーナーもあるくらいです。

ジャパネットのカタログよく家に届きますが、ヒット商品

のエアウィーブというマットレスパッドなど、快眠商品とで

もいう物は人気のようですね。これは、裏を返せば、多くの

人は快眠をなかなか実感できていないということなのかも

しれません。

今回は、寝ている間の静電気をアース線につながっている

シーツを試してみることにしました。画像がその商品です。

「アーシング コットン ハーフ シート」と商品です。

裸足で地面を2、3分歩くことも良いみたいですが、寝ている

うちにもしっかりとアーシングして睡眠の質にどう影響するか

今後、ある程度の期間のテストののち報告いたしますね。

働き方改革という視点で睡眠にも色々な角度から光を当てて

みたいと思っています。

寝る前のアルコールの過多は気絶して寝るようなものとも

言われてもいるので気をつけたいものです。

いちご栽培

2019年1月9日 水曜日

今年もハウスでいちごを育てています。昨年はもっと寒くて

ストーブをしょっちゅうつけて温度管理してましたが、今年は

暖かいのでまだ一回もつけていません。もう少ししたらぐんと

寒くなるのでしょうかね。

園芸は植物という生き物に水や肥料をあげたり、時には

虫や鳥との知恵比べ?があって年中やらないといけないこと

があります。ちゃんと育って欲しいというように気をかける

のはなかなかいいものです。毎年自分なりに工夫したり

ネットや本で勉強したり、他の人の育て方から取り入れたり

してます。今年はマルチを昨年の藁から黒いビニールに

変えました。試行錯誤が楽しいのかな。 😀 


Copyright(C) グッドローム. All Rights Reserved.