忘年会

2018年12月30日 日曜日

今日は大学の同級を中心としたメンバーの忘年会

でした。東京や関西などから名古屋駅に集まっての

機会でした。20年以上の月日が経ってもこのような

企画が開催できるメンバーに感謝です。

 画像はその時に飲んだ九平次というお酒の画像

名古屋の醸造メーカーです。開けたてのものと2週間

たったものを飲み比べたらやはり開けたての方が

断然美味しかった!

第九を聴きたくなる時期

2018年12月29日 土曜日


放送大学の番組で以前も見ていましたが、3年かけて素人の人が授業を受けて

第九というプロでも難しい曲にチャレンジするという番組を今日も見てしまい

ました。最後に出演した放送大学の学生へのアンケートで

「もう一度第九を歌いたいですか」という質問に対して、とても大変な

練習だったにも関わらず、77パーセントの人が「また歌いたい」と

回答したことが印象に残りました。聴くだけでなく、演奏する側にも

喜びがあるのが音楽なんですよねー。自分も音楽を趣味にし始めたのは

比較的に遅く、大学からなのですがそれから25年続いているのが不思議

なくらい(笑)。大晦日にはヨットの仲間で集まって第九を聴く会をやる予定。

飽きずに何度人生に聴くことになるのでしょう!

気になった雑誌(購入)

2018年12月28日 金曜日

来年は量子コンピューター元年ですか。

新しい技術でどんな未来になるのか

楽しみですね。

量子力学が実際の生活にどんどん役立つ時代

なんですね。まずは入門として読み始めました。

パラレルワールドとか色々な不思議な世界観に

びっくり。これまでの常識的な世界観だけでは

いけないのかもしれませんね。

今日は育休復帰支援プランを作成お手伝いしてました

2018年12月26日 水曜日

 中小企業において、働く女性が実際に妊娠し、出産というとき、

実際には育児休業を利用せずに、退社という選択になるケース

や休業後に復帰できないようなケースがまだまだ多いように感じます。

 職場の女性スタッフに聞いたら、現実にはバリバリ仕事をしている

職場の中で、しかもしっかりとした育休の制度と復帰プランが

明確に示して無い職場だと、「言いづらい雰囲気」というものがあるよう

です。人手不足ということから最近では中小でも育児休業を前向きに

検討するところも少しずつ出てきましたが、まだまだ少数です。

 確かに育児休業を取得しても保険料負担は会社も本人も無くなったり

して皆さん利用すれば良いのですが、実態は育児休業を利用して

健康保険と雇用保険の給付を受けることには受け復帰が前提の

制度なのに、給付をもらってからの復帰プランができていないため

に戻ってこれないケースが多いように思います。これってとんでもない

損失では無いでしょうか。

 そこで、ちゃんと意味のある育休復帰支援プランを策定すれば

良いのですが、真剣に制度を作成したら時間と労力、知識がものすごい

必要な作業となります。専門家である社労士に依頼してのおそらく

数十万かかると思います。こんな費用出してまで、というのが実際

にプランを作成するのに躊躇させているかもしれませんね。

 だからこそ、育休復帰支援プランを策定し、計画をしっかり出した

会社を助成金で支援を厚生労働省はちゃんと用意していますので、

たくさん女性を活用していく会社は特にご検討されたらどうでしょうか。

代替要員を確保した場合も助成金を受けられます。

2018年12月26日 水曜日

ケーキを買ってきたり、誰かにあげるプレゼントを買ったり、経済効果はいまだに大きいですね。

世界で一番成功したお祭りでは無いでしょうか。

今年いただいたケーキはブッシュドノエル美味しかったです。

 

今月の図書館巡りは東郷町

2018年12月25日 火曜日

読んだ本のご紹介

1、チョコレート ドム・ラムジー著

 チョコレートは西洋の植民地支配の結果世界にて生産された歴史を知れた。インドネシアは意外と世界でも3位の生産量。ベネズエラはポルセナーラ種で繊細な香りと白い豆が特徴とのこと。とにかく大変な生産工程がたくさんあって興味深かった。カカオポッドが果実で、完熟したら、殻を割り、豆とパルプを取る。豆とパルプは箱にいれてバナナの葉を乗せて発酵させる。発酵はパルプの糖分がアルコール、酢酸に変わり豆にしみこむらしい。温度も50度まで上がる。一週間くらい。また一週間ほど乾燥させる。それが出荷される。

次はメーカーの作業。

 焙煎、粉砕、カカオニブ これは胚乳部分。風選で皮を飛ばす。すりつぶしてペーストに、この時ココアバターが滲み出てくる。ここへ砂糖とココアバターを加え、コンチングという混ぜる作業。数日かかることも(^_^;)冷まして固め、保存と熟成を数週間。次は大理石の上などでテンパリング。温度の上げ下げをしてツヤを出す。そして。成形と包装(^^)これからは、より一層ありがたくいただきまーす。

2、ふぐの文化 青木義雄著

 ふぐの歴史、秀吉の禁止から、下関での伊藤博文の働きかけによる許可など興味深い。禁止も許可もうますぎるからとは。また独特の盛り付けや食べ方の文化。高タンパク低脂肪で、ポン酢が決めてであること。毒は強烈、肝臓と卵巣はやばいものが多いよう。流通の話は下関から大阪が

7割でこちらは活魚で届く、東京では「身欠き」した一時加工品がちょうど良い熟成期間で届くのでこれも美味しくなる。

その他 3冊ほど

忘年会

2018年12月22日 土曜日


今年も忘年会シーズン真っ盛り。

今日の忘年会は趣味のヨットの方です。

酔いさましで三谷温泉まで徒歩で歩いている途中で

海鳥が結構近づいても逃げないので不思議な感じでした。

かつては三河湾は東海道線沿いでも一番海が綺麗なところだった

というお話を人生の先輩から今日も聞けました。

今の三河湾は正直なところそれほど綺麗な海ではなくなって

しまっています。なんとか綺麗な海を取り戻したいですね。

そのような海を綺麗にする活動をボランティアで来年から

開始しようといます。実は来年の2月にはNPO法人も設立する

ので、そこにも参加する予定です。働き方改革だけでなく、余暇

だったり、休日の過ごし方だったり、生き方の改革なのではと

思う今日この頃。

最近観た映画 旅猫リポート

2018年12月21日 金曜日

意外にもこの映画が一番泣けて、感動的だったかも。

なぜ主人公が旅を続けて大切な猫をもらってもらおう

としているのか。最初はわからなかったですが、ラスト

に近づくにつれて幸せに生きることの意味を考えさせられ

てしまいました。まあ、猫を飼っているというのも多少

のプラス査定になっているかもしれませんが。

猫を飼っていなくてもオススメです。

AICHI WISH応援隊を結成しました

2018年12月20日 木曜日

働き方改革に資する新しい仕事にとってとっても良い

システムだと思います。

設立に伴い、ホームページを開設しました。

現在3名です。

設立趣意書もありますので、ぜひアクセスしてみて

ください。

a-wishouen.com

障害者雇用について

2018年12月19日 水曜日

所属するSR経営労務センターの会報誌の記事に障害者雇用率

歯2・2パーセントとありました。「歯」は「は」のミスプリですね(笑)

それは良いとして、常時雇用46人以上の事業主は対象ということで、

また、100名以上の場合は未達の場合に一人につき4万とか

5万の納付が必要となります。労働市場を支えるルールは本当に多いですし、

人間社会という捉え方でみなさんで守っていかなければいけませんね。

少し前に行政機関での障害者雇用のインチキがばれていましたが、

ルールは破られるためにあるということを役所が率先していたら

いけないという、ほんと、大問題ですね。



Copyright(C) グッドローム. All Rights Reserved.