講演会参加と賀詞交換会


龍角散の藤井隆太社長

視点をいろいろ変えて見ることで、古臭いというイメージも伝統が

あるとか、いろいろな見方で挑戦されているので共感が持てました。

音大卒、元プロの音楽家でもあり、フルート吹きということでした。

咳止め薬として市販の薬は以下の形で体全部を巡るので、

避けられない副作用 肝臓悪くするそうです。

  1 内服、消化器から吸収

  2 肝臓で代謝

  3 血中へ

  4 脳の咳中枢へ作用

  5 腎臓から排泄

しかし、龍角散は喉だけにしか行かないから

副作用無し、ドリフとかで志村けんのかぶる白い粉は龍角散(^^)とのこと。

しかも龍角散は予防でも使えるということで、

龍角散のゼリー、薬を飲むための 役員全員反対でも、人を救ってもきたし、

よく売れている。1日でも薬を飲まないと生きていけない人も多い、震災のときは

被災地にたくさん送って感謝されたそうです。

何のためにやるのか、音楽家的に考えると楽譜に書いてあること以外も大事という

ことで、考えないといけないことの大切さを学んだ気がしました。

 マネせずマネされず

 余計なお金は稼がない

 全ては社会貢献のために

その後の賀詞交換会はマグロの解体ショーもやっていて、美味しい赤みや中トロをいただけました。

刈谷の経営者も多く集まり、地元のお店のいろいろな食材が食べられて刈谷市内での

交流という意味で有意義でした。


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree


Copyright(C) グッドローム. All Rights Reserved.